インターネットで考える

哲学・文学・アニメ・ゲームetc...

アニメ批評の憂鬱

~何事も継続していくのが大変/大事だよねって話~ ユリイカで涼宮ハルヒが特集されたことに驚いたと同時に、しかし本心では驚かなかった自分がいた。 魔法少女まどか☆マギカの批評のあり方は、もう驚きのあるあり方ではなくなっていた。正直書いてあること…

仕事を時間どおりに終えられないマネージャーは優秀なマネージャーとは言えない

仕事を時間通りに終えられないにもかかわらず、そういう人間を「優秀だ」といったり「熱心」だといったりする風潮がある。しかし、これは間違っている。

後期クイーン問題 名探偵は神だろうか?

後期クイーン問題というのがある。 知っている人にはお馴染みなので本エントリでは細かい説明は省かせてもらうが、いわゆる「本格ミステリ」の話題が上る時に、ほぼ決まって取り上げられる題目である。 一言で言えば「探偵はどのようにして真実にたどり着け…

「君の名は。」の考察。 その原因論

(よく見たらタイトルすげえネタバレだったんで一応。あと検索で映らない用に少し下に本タイトルを) いくつかの考察ページを巡っていたが、この根源的な問題を、問題として掲げてすらいなかった。 なぜだろうか? それは分からない。 とにかく、ここで整理…

デスゲームの反転現象としての異世界転生

デスゲームと異世界転生はどちらもきっかけは唐突な<世界>への転送である。 どちらも、ゲーム的要素が強い。 デスゲームは言うまでもないが、異世界転生においても、その世界はリアル(?)なファンタジー世界というよりは、明らかにビデオ・ゲームの<世…

涼宮ハルヒの衝撃

『涼宮ハルヒの憂鬱』とは何だったのでしょうか。それは、それまでにあった「ライトノベルの形式」を破壊し去った作品として、君臨したのです。 どういうことでしょうか。『涼宮ハルヒの憂鬱』の包含する<世界>の定義から始めるのがいいでしょう。その<世…

たくさんある物語

物語には上も下もない。 ただ、どれだけすごいか、である。 なんか軽く書こうと思ったら重々しくなっちゃったので、もっと軽く。こう、すぐ文体に引っ張られてしまう・・・。 たとえば、 The Best American Short Stories という本(シリーズ)がある。 こち…

物語、論

物語とは、なんだろう。 小説、が一番初めに思い浮かぶ。 しかし、小説、とは近代になって生まれた形式である。 それ以前は、たとえばグリム童話などの童話、英雄叙事詩、神話、カンタベリー物語などもある。 映画にも物語はある。アニメにも、漫画にも。 よ…

日本で最高の物語

1900年代最高の物語。 それは『Kanon』(Key、1999)です。 2000年代最高の物語。 それは『AIR』(Key、2000)です。

X-Men Blue

X-Men Blue はいいですね。 若々しい感じで。 翻訳しないかな。しないな。 原書(2017年4月12日) X-Men は歴史を見てもカオスで諦めましたね。 なんか Uncanny X-Men も Vol.4 が止まってるし、よくわかりませんね。 Marvel Legacy とかいうのがやってます…

バットマン

『バットマン:アイ・アム・ゴッサム』 Writer : Scott Snyder, Tom King 翻訳2017年9月6日↓ 原書2017年1月11日↓ 続編: BATMAN VOL. 2: I AM SUICIDE(2017年4月12日) Writer : Tom King 翻訳11月8日予定↓ 原書↓ BATMAN VOL. 3: I AM BANE(2017年8月30日…

DCユニバース:リバース

概要↓ 翻訳↓ 原書↓ 原書:2016年5月25日 翻訳:2017年8月2日

EXTRAORDINARY X-MEN

終わってた。(笑)

アメコミ 翻訳 MARVEL 9,10,11月

↓ ↓ ↓ グウェンプールはウケのよさそうな絵です。

アメコミ 原書 MARVEL 9月

2017/9/27発売。 marvel.com

最近から始めるX-MEN編

X-MEN。 いいですよね。 私は映画でしか知らないのですが、アメコミも読んでみたいと思っています。 しかし、何から読んでいいのか分からない。 色々調べても、やはり難しい。 アメコミはこのハードルが高い。 しかし、買ってみると、結構解説が豊富で、むし…

本棚考2

本棚は、美しくあるべきだ。 であるなら、本棚に大量の本を並べる必要はない。 むしろ、本棚「は」その時ハマってるものだけ置いておけばいい。 なぜか。 それはいつも同じ本が、大量にならんでいると、だんだん思考が堂々巡りになってしまうからだ。 しかし…

本棚考

NHKで本を1万冊集めたという人が紹介されていた。 素晴らしいことだ。 しかし、誰もが本を、しっかりと本棚の中に収められているだろうか。 よく、たくさん本を持っているという人がいるが、大抵は本が本棚からはみ出しぐちゃぐちゃに置かれている。 当然な…

長門は俺の嫁、と言っていた人たち

は今どうなってんの? という記事が上がっていた。 恐らく最も当てはまる答えは 「アイマスでガチャ回してるよ」 というものだろう。 もちろん、艦これ勢もいるし、Fate勢もいるだろう。しかし、「長門は俺の嫁」というぐらいキャラ萌え属性が強いことを見れ…

サブカル・アニメ・少女漫画

タイトルに困ったら三題噺にするという怠惰。 増補サブカルチャー神話解体を(再)読む。まあ本棚発掘。 増補 サブカルチャー神話解体―少女・音楽・マンガ・性の変容と現在 (ちくま文庫) 作者: 宮台真司,石原英樹,大塚明子 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日…

ジャンプはつまらなくなったのか?

「少年ジャンプ」はDBが終わった時点で終わっている。そして、スポ根を終わらせたスラムダンク。それ以降は「少年」はいない。どういうことか。DBが始めたのは「マンガのゲーム化」なのであって、それはDr.スランプで行き着いたジャンプ型ギャグの袋小路だっ…

各国アニメーターの年収覚書

アニメーターの年収 アメリカ: 平均650万円 / ピクサー(3D)の平均年収:1240万円($1=¥111換算) フランス: およそ336~600万円 (10時~18時勤務) 日本: 平均332万円 / ジブリの募集:240万円(月収20万円) ソース アメリカ及び日本: アニメータ…

げんしけん 時代の勝者

なんとなく、読んでいて思ったこと。 本エントリ参考にどうぞ↓ 高坂は、エロゲ会社のプログラマになって、確か一期の最後にグロッキーになってたと思う。 それで、読んでいた当時は「高坂は上手く行かなかった」という表現だったと思う。 しかし、今読むと、…

美少女・アイドル・性

美少女性とはなんだろうか。 言うまでもなく妄想である。 しかし、これが単に一部の嗜好の作品としてあるならまだしも、現実の女性にあてはめたり、バッシングしたりするようになると、それは問題である。 そうでなくても問題だという考えはあるだろうが、物…

日本の目指す<方向>

今日の前回の記事でいきなり「読者」がついてしまったわけですが、これ、このブログは基本「オタクブログ」なので、非常に申し訳ない気分になっているわけです。 それはさておき、前回の私のエントリは日本の政治関係に散見される「誤魔化し言葉」について述…

誠実さのない政府

家計調査(二人以上の世帯)平成29年(2017年)3月分速報 ((現時点)統計局ホームページ/家計調査報告(二人以上の世帯)―平成29年(2017年)3月分速報―) 【二人以上の世帯】消費支出(実質) 2017年3月:マイナス1.3(前年同月比)、マイナス2.0(前月比…

価値のないテレビ

今テレビを見ていたら、 「女性のムダ毛の話題」や 「ブラジャーを初めて着けた時の気分」 などを話題にしていた。 もちろん、それをNHK的な「お悩み講座」的にするならよいのだが、単にバラエティとして、見世物として取り扱っているだけなのである。 これ…

イデオロギーの終焉 利益の<イデオロギー>

資本主義と共産主義の対立というのは、「どちらが社会正義か?」ということの<イデオロギー>の対立であった。 しかし、そのイデオロギーは消滅した。 なぜか? それは「社会正義」の消滅によってなされたし、「社会正義」の消滅によってしかなされない。 …

ゲームで美少女ゲームがNO.1になるということ

言うまでもなくFate/GOのことである。 私はFateをゲームとしては全く評価していない。 しかし、これは社会現象として驚くべきことであった。 このようなことがあり得るのか。 無論、十分あり得ることだった。 そもそもソーシャルゲームは「一般人」に本当に…

労働の観念は常識で変化する

けものフレンズも終わり、新作アニメはどれも低調ということで、思いつき労働話を今日も書きます。 労働の観念が「何によって」変化するかと言えば、そこに何らかの法則があるわけではなく、人々の「常識」によって支えられているにすぎないのです。 ホワイ…