インターネットで考える

哲学・文学・アニメ・ゲームetc...

雑記

マイクロカーについて

電気自動車関連のトピックスの一つにマイクロカーなるものがある。小型の電気乗用車で、高速には乗れないような乗り物のことである。ある論調には、電気自動車時代はまだこないので、ガソリン車を出すことは間違っていないが、このマイクロカーがこれからは…

テレビ視聴のスタイルは変わるか

全て個人の感想です。 映像視聴に関して、多くの選択肢が現れ始めています。特に動画配信は、 ディズニーの「Disney+」(ディズニー動画が見放題の「Disney+」が本日からサービス開始--月額700円で - CNET Japan)、ワーナーブラザースの「HBO Max」(新たな…

電気自動車はエンジン車とは違う

世の一般の人々は、電気自動車を単にエンジン車と同じ感覚で買い替えられる、と考えているようです。 これは、電気自動車に詳しい人にも共通のことで、特にEV社会化に関する話題においては、単に「エンジン車をEVに置き換えるだけ」という理屈で考えている人…

産業の未来を目指す

EVの社会化は、スマホほど簡単ではありません。 だからこそ、社会的にそれを目指す必要があります。 そのためには、「未来社会」としてそれを掲げることが重要ではないかと思います。またそれは掛け声だけではなく、実際に実現すること。駐車場にチャージャ…

全個体電池はSSDに似ている

かつて(2018年頃)、電気自動車の普及論に反対する人々の中で熱く語られていたのが「全個体電池を搭載しない電気自動車は普及しない」という論がありました。 当時から様々な例を挙げて反論されていたこの論ですが、この度ふと思ったことで追加したいことが…

電気自動車考

電気自動車ならではの発想というのが求められるわけです。 つまり、「お、新時代来たな」と思わせること。 ただエンジン車のエンジンをモーターに付け替えました、というだけでは駄目。 デザインも、今までも「エンジン車っぽさ」を引きずっていては、これは…

遅いか早いか電気自動車

電気自動車と聞いて、人々はどのようなイメージを抱くだろうか。 未来の車? 未だ実現不可能なテクノロジー? 環境オタクの戯言? 高級車? 一体どういうものになるのか。そのイメージは揺らいでいる。 しかし、それはいい。 かつて(2018年)は、電気自動車…

テレビの終焉?

すべて一個人の考えです。 前回のエントリでは今後5年以内の動きというものについて考察してみましたが、今回はより遠い将来、10年後に至る道のりを考えて見たいと思います。 まず未来を考える上で過去の考察が大事ですが、2020年より10年前の2010年の段階で…

テレビの将来 - 現在の総括(2019)

一個人の意見。 現在の放送業態においては、無駄が多すぎる。 面白い資料があって、総務省のPDFらしいのですが平成17年とのことでググったら2005年のことのようです。 https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/policyreports/chousa/eisei_houso/pd…

テレビの未来=YouTube?

そろそろ八個目ぐらいに到達しようとしている「テレビ論」シリーズ。 今回は、さらに注目度を増しているYouTubeにも絡めて論じていきたい。 2019年はYouTube元年とでも言うべき年だった。令和元年なだけに、覚えやすいのではないか。 もちろん、ずっと前から…

Twitter、ハウトゥー

何かの動画で「ツイッターは「つながり」を求める場所」という話を聞いた(確かNewsPicks)。 まさにこれぞ我が意を得たり。 今まではツイッターの使い方を間違っていたし、多くの人も間違っている。140文字で議論が出来るわけではない。 ツイッターは本質的…

ネットは芸能人の在り方を変えるか

今現在、日本芸能界は芸能事務所がギャラのほとんどを持っていくという構図になっている。 しかし、これが、仮にネットタレント側でエージェント制が取り入れられた場合、ネットからデビューして、そこから逆に芸能界に入った方が結果得という結果にもなり得…

テレビと web

「テレビはネットフリックスに負けない」「テレビはユーチューブに負けない」 これらのトピックが語られるときに、必ず起こるのが「ネットフリックスの時には、テレビはお手軽さで勝つ」と言い、「ユーチューブの時には、テレビは高品質さで勝つ」というレト…

異世界転生

何年か前には「四文字熟語」に「カタカナ」を読ませる魔法学園ものが流行っていたが、今の流行りは圧倒的に転生モノである。 【2019年 上半期本ランキング】樹木希林さん書籍が好調、新書初の上半期1位 生田絵梨花写真集は上半期歴代最高売上 11ページ目 | O…

テレビの再発明

このブログがよく取り上げるテーマの一つにメディア論があって、まあテレビ批判というものなのですが、その中でネットフリックスの台頭を期待していたわけです。 当初はほとんどの人(ネット民含め)が知らなかったネットフリックスも、漸く大体の人が「知っ…

たくさんある物語

物語には上も下もない。 ただ、どれだけすごいか、である。 なんか軽く書こうと思ったら重々しくなっちゃったので、もっと軽く。こう、すぐ文体に引っ張られてしまう・・・。 たとえば、 The Best American Short Stories という本(シリーズ)がある。 こち…

語られなくなるテレビ

ブログ名の割にテレビの話題が好きな私は完全にオールドな人間で、ほかのブログではたとえば「ネットの可能性とは!」とか「ブログで稼ぐ!ネット時代の稼ぎ方!」みたいな最先端の話が多いわけです。 そんな中で、何がテレビだと。お前イマドキテレビなんか…

ネットとテレビ

このブログの元々のコンセプトはアニメや美少女ゲームなどについてあーでもないこーでもないと語るものだったのですが、じゃあそういうことが出来るのは何か? となるとこれは当然ネットがなければ無理だった。 色々とネット上で起こる様々なことに現在日本…

雑記 2017年2月のこと

けものフレンズの記事で当ブログ初の日毎PV100を突破しました。 いきなりではなく、2日ほどかけての右肩上がりであり、それ以前のPVが2とかだったことを思えば、けものフレンズの力を思い知りましたね。でも、それ以降の記事ではそれほど増えていないので、…

流行に流されないこと

昔の文庫本を読むと、最後のページ辺りに他の文庫の広告が乗っている。 今では誰も知らないような小説家がずらずらと並んでいる。 一方で、今でも残るの小説家の本もある。 それはいわゆる中古文学だったりもするし、近代文学だったりもする。 あるいは、戦…

高校生・大学新入生におすすめの本

大学とは休養期間ではありません。 高等教育機関です。 であるならば、そこで学んだことを、社会で活かすことが求められます。 また、自分の人生を充実させるために、自分自身で、人生をデザインする、その準備期間でもあります。弁護士になりたいから、ロー…

テレビ番組の『昭和感』

がひどいという話。なぜテレビが「時代遅れだ」「今どきテレビなんて見てんの?」と言われるかと言えば、テレビ自体が「時代遅れ」なわけではない。 放送されてるコンテンツがかもしだす空気が「時代遅れ」なのである。昭和そのものの刑事ドラマや、「チーン」…

日本文『学』の教科書

イントロダクション 暑い!Amazon.com: Literature: An Introduction to Fiction, Poetry, Drama, and Writing (11th Edition) (9780205698813): X. J. Kennedy, Dana Gioia: Books 本家Amazonにはこのような商品があります。日本文学が学問としてある以上、…

夏休みの宿題の終わらせ方

なぜ夏休みの宿題は終わらないか。 暑い そもそも夏休みとは暑くて勉強にならないから休みにしてるのであって、その時期に勉強しようとするのは少し難しくなる 枠組みの消失 夏休みは、長く、何もしなくていい時間という先入観 解決 冷房を入れる。その他冷…

次に流行るアニメ

日常系ポストアポカリプティックでも作ったらいいんじゃないですかね。アイ・アム・レジェンド的な。うわー最初はゆるふわ日常系だったのに、実は人類絶滅してましたあーうわあああすごいー神アニメー。

優れているもの(アニメ)

結局のところ、時が最大の審判者なのである。カウボーイビバップやエヴァは10年以上残っている。しかし、残っていないアニメもたくさんある。残っている、というのは、再放送されたりフィギュアが出る、ということより、10年後に見て面白いか、ということで…

ネットTVについて

MXの「神アプリ」は、日本のテレビを変えるか 「エムキャス」で全国どこでも視聴可能に | オリジナル - 東洋経済オンライン http://toyokeizai.net/articles/-/76709 こんなもん使わなくても衛星放送なら全国どこでも受信できるんだけど・・ 全国受信で騒いでる奴…

NETFLIXつきテレビについて

これ自体はいいことだと思います。しかし、NETFLIX革命!だとかは起きないでしょう。あ、一つ言っておきたいことが。 よく説明で「日本ではテレビに金を払う習慣がないから普及は難しい」という論調がありますが、俺は逆だと思います。 むしろ、「金を払って…

東京のグランドデザイン

見辛っ SIM CITY的発想。 道路と鉄道を整備すればOK。赤四角:公的(政府、ビジネス) 緑四角:私的(住宅、文化系) 黄四角:山の手三区(上中下) 紫線 :主要道路

萌えに猟奇でびっくりって

ひぐらしやん。みんなひぐらしの真似してるだけなんや。