読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネットで何ができる?

問題等ありましたらコメント欄にお願いします。(意見要望等は承認されません)

高校生・大学新入生におすすめの本

大学とは休養期間ではありません。
高等教育機関です。
であるならば、そこで学んだことを、社会で活かすことが求められます。
また、自分の人生を充実させるために、自分自身で、人生をデザインする、その準備期間でもあります。

弁護士になりたいから、ロースクールに通う。
料理人になりたいから、料理学校に通う。

学校とは、そのように「目的の資格を得るための、事前の学習機関」です。
もちろん、大学には研究機関という要素もありますが、事実上、そういった役割は大学院になっているのが現状でしょう。

別に研究してはいけない、というわけではないのですが、「卒業後」のことを考えることはとても大事です。

それはいつか?

できるなら入る前。大学を選ぶ段階です。

もし入ってしまってたら、今すぐ、初年度から始めましょう。

1.

就職とは何か――〈まともな働き方〉の条件 (岩波新書)

就職とは何か――〈まともな働き方〉の条件 (岩波新書)

2.3.
知らないと損する 池上彰のお金の学校 (朝日新書)

知らないと損する 池上彰のお金の学校 (朝日新書)

4.
キャリアデザイン入門〈1〉基礎力編 (日経文庫)

キャリアデザイン入門〈1〉基礎力編 (日経文庫)

まず、この四冊は買っておいても損はないかな、と思います。
1.¥842 2.¥1188 3.¥821 4.¥896
全部足しても新品のCSゲーム一本分にもなりませんからね。

追記:こういうのは学校に置いてあると思いますので、放課後に読むとか。

物事の基本として、まず「ゴール」を設定してから、動き出す。
家を建てようとした時、まずどんな家にするかを考えずに、いきなり土台を作り、適当に壁を建ててから、さてどんな家にしようか? などという風にはしませんね。
同じように、大学というのも、ただ適当に時間を過ごすのではなく、まず「ゴール」を決めてから過ごしたほうが断然最終的な結果は変化するでしょう。

もちろん、計画は途中で変わるかもしれません。
しかし、計画をまったく建てないでいるより、計画を建てて望んだほうが、遥かに効率的でしょう。

始まっているのは「あなたの人生」です。