インターネットで何ができる?

問題等ありましたらコメント欄にお願いします。(意見要望等は承認されません)

美少女ゲームの新しい系譜

簡単なエントリを。

 

大きく分けて、現在のメインストリームは

デレステ

Fate/GO

である。もはやここに伝統的なADVはない。ないから悪いというのではなく、これからもADVは最先端であるだろう。あそこはある意味実験場であり、そこでよかったものをよそに輸出する(勝手に利用される)という形で現在の「美少女市場」は成り立っている。それはラノベも4コマ漫画(いわゆるきらら系)も同じだ。

 

話がズレたが、この二つを抑えれば、現在の美少女ゲームとは何か、というのは大枠では抑えられる。

 

だが、実は、この二つ。

実は共に出自は似ている。どちらも少年マンガ的発想である。

アイマスがキャラデザを窪岡俊之として出発した時、それはどう見ても美少女としてはかなり地味で、悪くいうならイモかった。窪岡俊之は、それでもアニメ業界ではむしろ女の子のキャラデザとして優秀だった。だから、「美少女ゲーム側からすれば地味」というのであって、別にそれは悪いことではない。

アイマスはキャラ立てが素晴らしく、またかなり普遍性を獲得したキャラ立ても相まって多くの二次創作を生んだ。

だが、アイマスモバマス、そしてそのアニメであるシンデレラガールズによってかなり美少女よりに傾いた。これがアイマスの大きな変化である。当初あったスポーティーなスタイルから、より美少女的になった。

それは続き、特にアニメでは圧倒的にプロデューサーがほとんどでくの坊の如き人間になるのを見れば、それが分かる。

それは、彼女らが「美少女」だからである。

もちろん、やりようによってはもっと個性を出せるが、あえてゲームっぽくしたのだろう。そうすると、男は後景となってしまう。

 

私が、何を言っているのかおわかりだろうか?

それは<美少女ゲーム>というものにつきまとう拡散力の弱さである。

そして、それを克服するためには、別の要素が必要なのである。

 

 

伝統的ADVは、結局のところ、なぜ衰退したのかと言えば、それはイノベーションのなさが招いたことである。

しかし、それは何も悪いことではない。

稼げなくなれば、別のものを始めればいい。

これは商売の基本である。

アイマスが、アーケード→CS→スマホという変化を繰り返してきたのを見れば、何もADVにこだわる意味はない。そこはさすがに大手だけはある。

 

なんだか、久しぶりに書き始めたので、あまりにもネタがありすぎて散漫になっているが、許して欲しい。

 

Fate/GOも同じではない。

スマホ向けとして進化している。

それまであったかなり固定的なストーリーから脱し、より設定的(カードゲーム的)なスタイルに変化している。

これは、伝統的なADVには決してできないことである。

この発想の転換。思い切りが出来るか出来ないかが成否を分ける。

最初、Fate/GOは誰も注目していなかった。誰もといってはアレだが、TYPE-MOONはまほよで失敗し、ある種「過去の栄光」として語られる側面が強かった。アニメもやっていたが、アニメファンからは褒められていたが、どこかゲーマーからは「過去の栄光にすがっている」という冷めた視線があったことも事実で、スマホに参戦した時も、ゲーマーからは「スマホゲームに参加する中堅メーカーの一つ」という見方しかされていなかった。

今の盛り上がりに比べればその程度でしかなかったのだ。今やFate/GOのネタを見ない日はないといっていいだろう。

 

このようにしてメジャークラスの「美少女ゲーム」は現在君臨する。

しかし、美少女ゲームの怖さは一寸先は闇ということである。モバマスってどうなったの?

 

 

タイトルの「新しい系譜」とは、新しい美少女ゲームという意味と、「美少女ゲーム自体の新しいこと」を指しているのである。

なぜなら、美少女ゲームと言えば、やはり18禁のADV(ないしシミュレーションパート付ADV)というのが一般的な発想だからである。

もちろん、そういう言い方をすることもある、一般的には「エロゲー」と言われるのがそうだ。

だから、エロゲーは変わっていない。

だが、美少女ゲームは変化したのだ。

エロゲーとしては、衰退したのは事実である。しかし、近年私は好意的である。なぜか、というのは、又今度にしよう。