読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネットで何ができる?

問題等ありましたらコメント欄にお願いします。(意見要望等は承認されません)

邪馬壹国と邪馬臺国

古田武彦『邪馬一国の証明』(角川文庫)を読んでいる。

 

インターネット上で書いてる人のテキストではなく、古田氏の本を読むのはこれが初めてだが、これは<硬い>本である。

 

私がぼんやりと「やはり後の史書には「邪馬臺」とあるのだから、邪馬壹とは決められないのではないか」と思っていたが、やはり三国志には「邪馬壹」と書いてあったのだろう、と思わせるものがある。

 

そうなると、「邪馬壹」と「邪馬臺」の「二つの国」が存在したのではないか、と思わせる。

これは同時に二つあったわけではなく、「邪馬壹(のくに)」が、何らかの理由により「邪馬臺(のくに)」に改名したのではないか、と考えさせるに十分である、と私は思う。

 

古田氏のように確固とした資料があるわけではないが、「邪馬壹」があったということが確定すれば、論理的に邪馬壹→邪馬臺の<変遷>があったと考えるのは、それほど無理のあることではないだろう。