インターネットで何ができる?

問題等ありましたらコメント欄にお願いします。(意見要望等は承認されません)

ネットメディアは脅威なのか

2016年は、東京五輪マークや芸能人不倫騒動に続いて、ある意味「テレビ vs ネット」の論調がワイドショーで定番ネタとして定着した年だった。

 

しかし、ここでいう「ネット」とは具体的に何を指しているのだろうか?

 

確かに五輪マークの火のつきどころはネットの検証だったかもしれない。

しかし、多くのワイドショーが扱う「ネットの脅威」とは、結局のところ、週刊誌のネタと変わらないように思う。

それは、Yahooニュースでは、全国メディアと並んで週刊誌の記事が並ぶから、大勢の目に留まるというだけである。

そして、大勢のネットユーザが見ていると、テレビが「ネットユーザが騒いでる!!」と輸入する形で<紹介>してるだけである。

 

つまり、ネットを使ってるのは週刊誌メディアという既存メディアであり、そのメディアがネットを利用しているに過ぎない。

これは「ネットメディア」と言えるのか。

 

そもそも週刊誌は新聞やテレビという「記者クラブ」系メディアとは別の勢力である。

ネットなどは、使おうと思えば、別にテレビだって使えるし、実際に使ってもいる。ただ、そのニュースは<全く話題にならない>だけである。

ネットで話題になるのは週刊誌のニュースである。そういう違いが出ているだけである。

 

また、テレビはネット上のコメントを紹介することで「ネットユーザはこんなにアホ」ということを言い立てるが、テレビには投稿するシステムがないだけで、テレビに投稿する機能があれば、別にそこのコメントは同じようにアホになるだろう。なぜならコメントとは基本的にアホだからである。それは知識も何もない人間が書くのだからアホになるに決まっている。だが、テレビは「週刊誌はアホ」とは言わない。無名のネット民を叩くだけである。だから、そんな腰抜けであるから、ネットユーザからも全く支持を得ていない。恐らくテレビを見ている人も「何言ってんだ」と思ってみているのだろう。

 

テレビは「ネットユーザはアホ」と言い募れば言い募るほど支持を失っていくだろう。

それは一貫性がないからで、一方では「ネットで話題の◯◯を紹介! ネットで何回見られたスゴイ◯◯! すごいでしょ? スゴイですね! だからお前らも買え!!」みたいなことを言っておきながら、一方ではネットを叩くからで、要は何のポリシーもないことがバレバレなのである。

だからテレビは自滅していく。

 

ネットメディアは脅威なのではない。

テレビが自滅してるだけである。