読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネットで何ができる?

問題等ありましたらコメント欄にお願いします。(意見要望等は承認されません)

ライトノベルとはなんであったか

少年マンガや少女マンガというくくりはあるが、「少年少女マンガ」という言い方はされない。それは、その両方をまとめて言及する必要性が生じる機会がほとんどないからだろう。

一般的にはライトノベルと言えば「少年ノベル」に該当するだろう。もちろん、それは俺が見ている範囲の話であって、ちゃんと女性向けライトノベルという言い方もされないではないが、批評的にはコバルトはコバルトであり、それは「わざわざ」ライトノベル史を述べる時に参照される言い方でしかなく、コバルトはコバルトで通じる。角川ビーンズなどはやはり強いて言うなら「女性向けライトノベル」となる。

しかし、これは正しい認識だろうか。いやそうではない。

やはりライトノベルには「男性向け」と「女性向け」があり、その二つを統括してライトノベルという分野を形成しているのだろう。しかし、現実的には女性向けラノベがアニメ化などで脚光を浴びる機会は男性向けに比べれば遥かに少ないので、そういう使い方をされないのだろう。

 

ライトノベルという分野がやはりそのニーズを限定しているのは事実だろう。

しかし、それがただちに全体を適切に分析できるということにはならない。

ライトノベルが~と言う時、感覚としてはアメコミが~ということに近いものがあるのではないか。だから、別にライトノベルというくくりが特別なわけではない。

少年マンガが必ずしも少年だけが読むものではなく、たとえばハンターハンターのような大人向けの作品も持つように、文化というのは常に越境することを欲するのである。ゆえに、その範囲を閉じ込めようとする試みは常に失敗するだろう。

 

逆に、カイジやその他青年漫画系を少年マンガということには無理がある。

ゆえに、カイジのような作品は、やはりライトノベル「らしく」はないだろう。

だが、先程も言ったように、常にそのライトノベル「らしさ」をライトノベルは、というよりあらゆる文化は自らの殻を破ることで始めて成長・進化、なんでもいいが、変化していくのである。だから、カイジがないじゃないか、と言われればカイジ的な要素や青年漫画的な要素を取り込んでみようじゃないか、という話になるだけなのである。その時、必ず受容側には混乱が起こり、再びライトノベル観の訂正を迫られるだろう。それは何もライトノベルに特有なのではなく、あらゆる文化に共通することなのである。ライトノベルはやはりネット上の言葉の流通量が多いので、ネット上ではそういうよく言えば「若々しい」論評が駆け巡ることがあるが。

 

面白いラノベといえばサクラダリセットのようなものだ。

少し前ならハルヒだろう。この時代は本当にラノベは面白いなあ、と思えた。

今はバトル・ファンタジー全盛の時代だが、俺は全然興味ない。だから、ハルヒとかが好きだった人からすれば「最近のラノベは駄目」なのかもしれない。しかし、それはハルヒが面白かったのであって、別にラノベ全体の問題ではないだろう。だが、ラノベという一括りは便利なので、まあ使いたくなる気持ちもよく分かる。それは安定してハルヒっぽい作品が供給されないことによるいらだちなのかもしれないが、まあ無理なので諦めるがよろしいだろう。

ある種俺なんかはむしろ今の主流のラノベよりもエロラノベの方がなんか読んでいてリラックスできるというか、「うおおおおお!!!」とか「魔王◯◯! 許さないぞ!!」みたいなノリの今のラノベよりしっくりくるんすわー。そういう人、おらん? 学園で乳繰り合ってる方がいいというか、「ぱれっと」的なノリというか。