インターネットで何ができる?

問題等ありましたらコメント欄にお願いします。(意見要望等は承認されません)

けものフレンズ 主流派に向けて

つまらないアニメというのはある。

そのつまらなさの理由というのは、登場人物の感性が理解できないという反発的なものから、展開が単調だという弛緩的なものまであります。

けものフレンズの第一話は退屈だと言われるがそうだろうか。

前回はてさぐれからの見方として述べたが、もっと一般的な受容の仕方を書いてみよう。

 

情報としてはいくつもの世界観設定が出されていると言える。

ジャパリパークのさばんなちほーからスタートする冒頭、サーバルの寝ている姿から。ここから続く一連のシーンがゆっくりしているし、会話も緩い。

だが、これは「ぼのぼの」の第一話を思い浮かべれば、全く異端だとは言えないでしょう。どちらも動物がしゃべる系のアニメだという点では共通してますが、人間社会のガチャガチャした世界とは一線を画する世界だということを説明するのに十分です。それがジャパリパークの世界であり、けものフレンズという作品の世界観なのだと言っています。

 

展開はどうか。確かに奇妙なやりとりのように思えるが、本当にそうだろうか。

たとえばこのような緩い冒頭として、特に深夜アニメとした場合、「AIR」といった作品の冒頭のやりとりはやはり奇妙に見える。昔から美少女ゲームにはこのような頭のゆるいキャラクターに対して批判されていたことも思い出す。そのような一般的でない会話のやりとりを目指すことはよく行われている。普通の刑事ものドラマのような作品ではない。

今だと「せいぶのねこキャリー」(DHX Media)(画像は絶対に貼れませんので自分でアクセスして下さい(ハハッ))というアニメがやっていますが、これも動物やサボテンがしゃべるアニメなのですが、そういう作品にも似ている点もありますが本質的には全く違います。

セルリアンに出会い、カバに出会い、巨大なセルリアンを倒し、episodeの終わり、というのは、むしろ分かりやすい展開を目指していたと言える。やはり奇妙な彩りを添えていたのはサーバルのせいだったと言ってもいいと思う。これは悪いことではなく、サーバルの存在がオリジナリティを支えているということです。

 

この作品にあるのは、「物語の推進力」というようなものである。

それを解明するのは難しいが、とにかく「語るべきこと」を語っている、というのが唯一今分かっていることでしょう。

 

では、けものフレンズぼのぼのなどのオフビート系のアニメやAIRや艦これといった美少女ゲームフォームの原液やそれの混合物と同じか。

といえば実際にそれは全く違います。何が違うかというのは、てさぐれを見てくれとしか言いようがないのですが、あのような独特の深夜アニメという一つの「公式(Formula)」に対する冷めた視線を持っているということです。もちろん、それは前面に出しているわけではなくて、その視線があるからこそ、けものフレンズはそれとは違うことをやろうという考え方が出来ているのだと思います。

 

けものフレンズは言うまでもないことですが深夜アニメです。もっと言えば美少女アニメです。

美少女アニメには独特のお約束があり、かつては「主人公は独身の男」とか学園モノが強いとか、ヒロインには彼氏がいてはならないとか、色々な制約があります。そこから男を消し去ったのが日常系アニメであり、らき☆すたでありけいおんです。もう一方では俺妹、俺ガイルといったラノベ勢が、美少女ゲームフォームを使いながら美少女ゲームが衰退していくのを尻目に上手く美少女ゲームの公式を使って表舞台での延命を行っていました。

しかし、この美少女ゲームの文法もかなり使用年数が伸び、段々と飽きられていきます。それが第一に美少女ゲーム自体に直撃し、美少女ゲームはほとんどアニメ化されることはなくなりました。ワガママハイスペックはショートアニメとしては良かったのですが、まず1クール持たせるのならば相当な工夫が必要だと思いました。

ごちうさは「お仕事系」の日常系アニメとしてブームを起こし、それに続くNEW GAME!も同様にお仕事系でした。これは微妙にお仕事系ミステリやSHIROBAKOといった作品と流行軸を共有していたのが面白い減少でした。(お仕事系日常といえばARIAですが、やっぱりそれとは違うのが面白い)

 

また傍流の話をしてますねすいません。

そのような前提なしにけものフレンズを楽しめるのか、というのが今回のエントリの主題ですが、私は楽しめると思います。

それは何より動物についてよく調べてある、というのが重要だと思います。この点、見逃されがちで、やれSF設定がどうの、闇のある演出がどうのというキワモノな部分ばかりがクローズアップされてますが、忘れてならないのは、前回もいいましたが実写パートであり、ちゃんと動物園に取材しているという部分です。そこでも電話音声といった小ネタを入れて楽しませようというのが実にてさぐれらしいのですが、当然、この部分も作品に反映されているのです。原作にあるのか、アニメの脚本なのか不明ですが、特にラッキービーストが語る動物トリビアなども作品に骨太の支柱を与えています。

動物の特性ごとに脚本が考えられており、飽きのこない構成というのはもちろん、「ドアを開けたら着替え中の女の子がいてきゃー」や「敵勢力、接近中!」「どうしたらいいの!?」「俺が倒す!」「いいえワタクシが倒すわきゃー無理だった」「くそー許さん秘められしパワーが開放されて敵を一発で倒せたぜ」みたいなもはや食傷の美少女アニメ展開とは全く違うという点も何気に重要です。

 

けものフレンズのよさというのは見ていても全く<楽しい>という点です。

 

では、けものフレンズの今日的意義とはなんでしょうか。

最近のアニメに見られる、矢継ぎ早の、ワンクールで終わる、見かけだけを変えて中身は同じ<美少女アニメ>の休憩期間のない流れ作業のようなアニメ環境に息切れしている界隈に対して助言・参考となることはなんでしょうか。

それはやはり作品一つ一つをしっかりと作ることではないでしょうか。

はいこのフォーマットにこのキャラ(幼馴染)このキャラ(ツンデレ)このキャラ(無口系ロリ、実は超強い力を秘めてる)で、展開はまず主人公が転校してきて同じ寮の同じ部屋にルームメイトで着替えを覗いてツンデレキャラと戦って引き分けしてそのあと理由不明の敵勢力と戦ってあとは原作読んでね

というまるで広告CMのような映像作品が氾濫しています。

そういうフォーマットに慣らされていると、少し毛色の違う作品が来ると混乱に陥ってしまいます。

映像はまず映像として成立しているということ。

そしてこねくり回すのではなく、本質を整えるということ。

映像の作り方は”盛る”だけがやり方ではないのだということ。引き算。

そういう意味では引き算しかなかったてさぐれの映像の作り方もけものフレンズに現れていますね。MMDでテレビ放映の映像を作るというgdgd妖精sやてさぐれはまさに強制的な引き算でした。

 

けものフレンズはその音響面からも静かであり、そういう点でもシンプルな作りです。

そういうシンプルさは、よく作用するといいものになります(にゃんぱすー)。

この作品は、作品としてしっかりと作られているので、見ていて楽しいと思えるのです。