読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネットで何ができる?

問題等ありましたらコメント欄にお願いします。(意見要望等は承認されません)

みんながやりたい仕事「だけ」をするということ

このブログのコンテンツの一つに労働というテーマがあり、まあテレビ批判や日本社会批判(これは包含される)と同じぐらい人気がないコンテンツで、そんなものよりけものフレンズの記事でも上げた方が100倍ぐらい人気があるみたいなんですが、それはともかく、現在、日本で農業従事者というのが何人かは皆さんご存知ですか?

農業労働力に関する統計:農林水産省

農林水産省によれば2016年で192万人ということです。分かりやすい数字で200万人として、日本の総人口1億2000万人のうちの1.6%という結果です。

つまり、日本の農産として生産するのに、全体の1.6%の人で成立するということです。つまり98.4%の人は自分では生産せずに農産物を得ているということです。

 

昔はやりたくなくても農産物の生産者にならないといけませんでしたが、今やこのパーセンテージで成立している。多分、全人口で言えば、ちゃんと給料が出るなら農業についてもいい、という人は結構いるでしょう。それで儲かる、となればやってもいいよ、という人は多いと思います。

 

つまり、要は「お金が出るならやる」という仕事は多いということです。だったら、それは適切な給料が出れば、それで成立するということです。

 

日本のブラック企業の問題などは、「やりたくないことをやることが仕事」という<洗脳>、洗脳という言葉が強烈なら「思い込み」とでも言いましょうか、そういう考えを吹き込まれていることが原因でしょう。

明らかに月数十時間も残業をしたり、終電ギリギリまで会社の机にヘバりついていなきゃいけない、などというのは異常なわけですね。

本来であれば、「ふざけんなよクソ会社。てめえのとこなんか辞めるわ」と言って、全員が辞めてしまえば、その会社は翌日から社長一人を除き一切の活動が不可能になり、新たに雇用しない限り崩壊するでしょう。

実際に、そういうことはストライキとして仕事の手を止めることで交渉をする、ということは普通海外の国では行われています。

しかし、日本ではそのような行動に出る人が少なく、かくて過労死などの国際的に特異な現象が発生しています。

 

つまり、私が言いたいのは、全員が「好きなこと」を、やればいいんです。

ただし、労働時間というのは、長い時間実行すればある種抜け駆けとして機能してしまうので、それは防止する必要があるわけです。

だから「残業月100時間未満」とかいうアホなことはせずに、ドイツのように残業は禁止にしてしまえばいいんです。