インターネットで何ができる?

問題等ありましたらコメント欄にお願いします。(意見要望等は承認されません)

物語、論

物語とは、なんだろう。

小説、が一番初めに思い浮かぶ

しかし、小説、とは近代になって生まれた形式である。

それ以前は、たとえばグリム童話などの童話、英雄叙事詩、神話、カンタベリー物語などもある。

映画にも物語はある。アニメにも、漫画にも。

よく言われるのはフランス語では歴史も物語もどちらもhistoireという単語で表される、ということ。

 

Keyの描き出す「物語」は、通常のメディアの枠組みを越えている。Keyはゲーム会社だから、Keyの作品は「ゲーム」と呼ばれるし、その中の物語は「話」や「シナリオ」と呼ばれる。

しかし、Keyのゲームは、シナリオという枠組みを飛び越えて、また通常の枠組みの物語という観念を飛び越える。

CLANNADは人生」とは、その<体験>を率直に述べた、稀有な表現である。

物語が、それを読んだものの「人生」にまで迫る。

これこそが、物語の根源的な姿ではないだろうか。

人間の、人類の足跡は歴史=物語であれば、物語こそが、人間の姿なのである。

そして、最高度の物語とは、人間そのものの表現になる。

それが、物語としての芸術の姿である。

 

Keyのゲームをプレイすると、すべてがその世界に包摂されていく。

音楽、ビジュアル、テキスト。

すべてが高度に嚙み合わさり、ゲームがひとつの世界を描き出す。

日本の物語はここに収束し、ここからしか始まらない。