インターネットで何ができる?

問題等ありましたらコメント欄にお願いします。(意見要望等は承認されません)

たくさんある物語

物語には上も下もない。

ただ、どれだけすごいか、である。

 

なんか軽く書こうと思ったら重々しくなっちゃったので、もっと軽く。こう、すぐ文体に引っ張られてしまう・・・。

たとえば、 The Best American Short Stories という本(シリーズ)がある。

こちら名前の通りの本なのだが、始まったのが1915年。現在2017年まで出ている。

無論、100年越えである。

アホですね。

この情熱は半端ない。

これだけの量があるのに、未だに物語は作られているわけです。

この増殖する物語。どう整理すればいいのか。

それは各人の心の中にあるわけですね。

私が先ほど最高の物語を書きましたが、あれは私の最高の物語なわけです。

色々物語を読んで、はーなるほどと言ったり、いいね、うまいな、だったり無言で泣けたり。いろいろあるわけですが、結局一番だったのは何かなと思うとKanonAIRCLANNADなんですね。

そういう軸がある。そういうことを、改めて最近思いましたね。

これは別に、超個人的なことだから、誰かに強制することじゃないんですけど。

最近はアメコミにハマってますしね。真逆ですけど。

 

多分、今、日本で小説が好きな人、特に文学傾向の人は、多分村上春樹好きが一番多いんですよね。

もっとエンタメよりな人は東野圭吾とか。

ちょっとひねくれた20代、大学生なら西尾維新とか。

オタクっぽい子ならSAOとか。さらにはWeb小説(異世界・俺TUEEE)とか。

女性だと、有川浩とか。

そういう、いろんなジャンルがある。

無論、古典もあって、そういうのは色々。

そういう、人にはマイ・ベスト的なのがあると思うんですけど、その中では私はやはりKeyだなあ、というのが、Kanonの曲を聴いてるとしみじみと湧き上がってきたんですよねえ。やっぱ別格ですねえ。

 

もちろん、色々楽しんでますからね。ミステリ、SF、まあ色々。

でも、古巣というんですかね。

多分、年に一回ぐらい、こうしみじみと思うのは、やはりKeyなんですねえ。