評論館(インターネットで何ができる?)

問題等ありましたらコメント欄にお願いします。(意見要望等は承認されません)

デスゲームの反転現象としての異世界転生

デスゲームと異世界転生はどちらもきっかけは唐突な<世界>への転送である。

 

どちらも、ゲーム的要素が強い。

デスゲームは言うまでもないが、異世界転生においても、その世界はリアル(?)なファンタジー世界というよりは、明らかにビデオ・ゲームの<世界>としてのファンタジー世界であることがあげられるし、たとえパラメータ(「ステータス、オープン!」)が存在しなくても、文学的リソースは明らかにビデオ・ゲームからのものとなっている。

 

デスゲームとは何か。

実はこの物語類型においては大きく分けて二つの分類があり、それは「対人型」と「試練型」とでもいうべきものである。

「対人型」は「バトル・ロワイヤル」に代表される分類で、これ以上の説明は要しないと思うが、そういうことである。大体生き残りは一人である。

「試練型」は、映画「CUBE」が一番分かりやすいのではないか。筆者は未読だが『死のロングウォーク』もこちらに入るだろう。「CUBE」にあるように、協力体制を取りながら「試練」を乗り越えていく。

ここで気づくように「試練型」は多くの少年漫画ではおなじみのシチュエーションを包含している。何も死ななくても、ある種の「ライセンス」を獲得するためにふるい落としが掛けられるというシチュエーションはおなじみであり(「HUNTER×HUNTER」、「NARUTO」等)、現実の過度に競争を強いる学歴社会の構図がここに表れていると言えるだろう。

また、試練型と対人型はどちらが基盤でも、両種の分類を混在させることは可能であり、このような雑種現象は文学という空想の産物世界では当たり前の出来事であり、このような現象が文学批評の困難さの原因でもあるのだが、物語に意外性をもたらすためにそのような創意工夫が行われることもある(映画「SAW」等)。

 

異世界転生にこのようなデスゲームのような分類は可能であろうか。

恐らくはなんらかの分類が存在するだろうが、そもそも異世界転生はデスゲームそのものの反定立としてあるので、同じ分類はない。

異世界転生においては、ルールは否定される。

ルールの不在ではなく、ルールはルールとして機能することを否定されているので、その存在意義はなきに等しい。

全てがチートという能力で突破可能であるから、戦車の前に石ころや木の棒きれがどのような違いもなく「障害物」としてしか分類されないのと同じである。

 

デスゲームが「ルールの強制」であるなら、異世界転生は「ルールの無化」である。

異世界転生の主人公がデスゲーム(「対人型」)に放り込まれたら一瞬で全員を救出してしまうので話にならないだろう。試練型では無論、主人公が試練に苦しむことなどありえない。

 

どちらも極端な制度の下に成立していることが分かる。

しかし、このような世の理不尽に対して苦しんだり、無条件の解放を願ったりするのは、昔からの人間のしてきたことである。

異世界転生における「世界」は、仏教説話における極楽描写のごとく快に満ちている。

民衆の願望が素直に表れている、現代の説話というべきであろう。

 

デスゲームが地獄なら異世界転生は天国ということである。