インターネットで考える

哲学・文学・アニメ・ゲームetc...

仕事を時間どおりに終えられないマネージャーは優秀なマネージャーとは言えない

仕事を時間通りに終えられないにもかかわらず、そういう人間を「優秀だ」といったり「熱心」だといったりする風潮がある。
しかし、これは間違っている。

 

 残業とは、要は「オーバータイム」のことであり、日本語に訳せば「遅刻」である。
日本語の「遅刻」は、なぜか「始め」時点のことしか問題にされないが、これは「終わり」の時点でも同様に当てはまる言葉である。

そして表題の話であるが、オーバータイムにおいては、様々な弊害が指摘できる。
まず、体調面に悪影響が出ること。
そして、仕事が遅れること。
さらに労働生産性が低下するということ。

そもそも、「時間通りに終えること=優秀」であるなら、「時間通りに終えられないこと=非優秀、無能」というのは、普通に考えれば明らかなことである。

これを逆転してしまえば、時間通りに終える人が優秀でないことになってしまう。しかし、多くの人はこの価値転倒に気づいていない。

 これら様々な弊害が実際に生じるにもかかわらず、このようなことをなす人間を上司やマネージャーに据え置くということは、それがその部下全体に及ぶという事態をもたらす。

そもそも部下が時間どおりに仕事を終えられるようにスケジュールを組むのがマネージャーの仕事である。そうでなければ、マネージャーの存在意義とはなんだろうか。自分のスケジュールはおろか、部下にまでオーバータイムを強いるようなスケジュールを組んで、上司であるぞとふんぞり返っているのは、愚かとしか言いようがない。

部下のコンディションを管理できない上司(マネージャー)を優秀と言えるのだろうか。
また仕事を遅延させる行為が、会社にとって恩恵のある行為なのかどうか。
このことをよく考えてもらいたい。

 この当然の事実に気づくことがない限り、日本の労働環境は改善しないだろう。

 

マネージャーが無能なのは勝手だが、これに巻き込まれる部下はまさに悲運としか言いようがない。

これらのオーバータイムの行使を防ぐには、やはり経済的インセンティブを設定することが有効である。

たとえば、残業は時間あたりの給料を三倍~五倍と設定するなどである。

法律的に禁止するのが一番だが、次善の策としてはこれが一番である。