インターネットで考える

哲学・文学・アニメ・ゲームetc...

「人手不足」とは何か

仮にXという時給で応募をかけた際、人が来ず、X+aという時給では人が来る、という場合、単に必要なのは「時給を上げること」でしかない。

 

「人手不足」という表現には厳密な定義がなく、非常に紛らわしい表現としか言いようがない。

この「人手不足」という言葉が、ジャーゴンのようにマスコミの間を飛び交い、まともな議論が行われておらず、明らかにその「人手不足」というマジックワードの元で、単に「人口不足」というイメージに直結させて、「なら人間を増やせばいい」という小学生並の単純なロジックで議論が展開している。

 

この問題は、現在日本の経済で何が起きているのかをデータで以て示し、それに対する学問的な解決方法を考案することが肝要であり、いたずらに机上の空論で議論すべきことではない。

それは、日本の経済環境そのものを大きく捉え、今後の経済目標を大きくデザインしていくことが必要なのであり、なし崩しに、現在の時給で人が来ないから、じゃあ購買力の低い国から国民を引っ張ってくれば良い、などという安直なやり方で解決を図るべきではない。

 

時給を上げれば、その上がった時給は製品に転嫁される。そうすれば、製品価格は上がる。そうであれば、需給が一致するはずである。

たとえば月給13万程度で外国人を労働させている企業があるとして、じゃあこの月給13万で日本人が働くか。

働くわけがない。

元々、こんな仕事はまともではない。

まともではない仕事を、安くても働く外国人を雇用して酷使するようなことは、これまたまともなことではない。

人権的にも言語道断であるが、経済的にも全く良くない。

なぜなら、この先、この企業は月給13万で人を使い続けるからだ。そうであってみれば、必ず「安くこき使う人」が必要であり続けるということである。いくら外国人を増やそうとも、ますます月給を下げる猶予が生まれるだけで、外国人が不要となることはない。なぜなら、この企業は元々月給を上げる気がないからだ。安くしてても人が来るようになったのに、なぜわざわざ上げる必要がある?

月給が安くて人が来ないなら、月給を上げる他ない。それを、外国人という形で月給の据え置きを許すのは、産業構造を歪めることにしかつながらないだろう。

また、ケインズによれば、「国民所得=投資(貯蓄)+消費」である。

しかし、月給が安くなれば、貯蓄も下がるし、消費も下がる。

結果、国民所得も下がるという結果になるのではなかろうか。

www.nikkei.com 

(こう言うと、「だから雇用流動化(正社員解雇)を進めよう」という話に持っていく人がいるが、そんなことはないと考える。正社員を解雇することで経済が発展するなどとはケインズは言わなかったはずだ。)