インターネットで考える

哲学・文学・アニメ・ゲームetc...

最近のミステリ

最近はツイッターで特定の関連のことを書いてるから、なかなかこういうものを昔のように気軽にツイートできない。

そんなわけでこちらに書くが、このミス2018年版を読んでいてふと気づいたこと。

相変わらず海外ミステリでは「第二次世界大戦下の~」というのが流行のようだが、自分、最近海外ミステリがピンと来てなかったのはこれが原因だ!と悟りのような感じで思いました。

本格ミステリ×第二次大戦」みたいなやつ。

大体がパリかベルリンかロンドンか、みたいな。で、将校が~とか捕虜が~とか連絡員が~みたいな。

どうもピンと来ない。余計な情報が多いというか。ブラウン神父でも折れた剣にそういう話があるが、なんかミステリと戦争って合わない気がする。スケールが違うというか。折れた剣はそういうミスマッチを逆手に取ってるわけで。

戦争ってのは、歴史なわけで。本当の歴史が進んでる話の中で、そういう虚構の本格ミステリみたいな話をされても「ウソじゃん」って感じ。本格という虚構が耐えられる震度じゃないというか。それほど戦争は重いわけで。

じゃあCWAやMWAがいいかというと…CWAはよくわかんないし、MWAはよく分からない「アメリカの田舎町が舞台のリアリズム風…」みたいな。

どうも虚構性が薄まってる気がする。チャンドラーとか読んでも、なんというかあれはアメリカじゃないと思うんですよね。あそこに映るのはチャンドラーの世界であって、全然リアリズムじゃない。だからこそ嘘っぱちの話が成立する。

だけど、今の作家って、そういう虚構の世界を成立させられていない気がする。だから、なんか中途半端なリアリズムっぽい話を使おうとする。三面記事とかにありそうな。でも、それは単に安っぽいだけなんだよね。

そんな中でもジェフリー・ディーヴァーは、上手いと思う。最新の技術を取り入れながら、安っぽくならない。エンタメとして成立している。まあ、それでもちょっと前のアメリカ(ブッシュ時代感)って感じではあるけど…。作中にも出てくるけどCSI的なね。あれももう古いからなあ…。

結局今アメリカで一番面白いのはアメコミですしね…。そんな感じで終わる。