インターネットで考える

哲学・文学・アニメ・ゲームetc...

ネットは芸能人の在り方を変えるか

今現在、日本芸能界は芸能事務所がギャラのほとんどを持っていくという構図になっている。

しかし、これが、仮にネットタレント側でエージェント制が取り入れられた場合、ネットからデビューして、そこから逆に芸能界に入った方が結果得という結果にもなり得る。

というよりも、早く政府はタレントエージェンシー制度を整備して、芸能人を個人として自立させる方向に転換するべきだ。

そこで「ブッキング」「マネジメント」「プロダクション」を全て分離し、公正な芸能活動ができる法整備がなされなければならない。