インターネットで考える

哲学・文学・アニメ・ゲームetc...

Twitter、ハウトゥー

何かの動画で「ツイッターは「つながり」を求める場所」という話を聞いた(確かNewsPicks)。

まさにこれぞ我が意を得たり。

今まではツイッターの使い方を間違っていたし、多くの人も間違っている。140文字で議論が出来るわけではない。

ツイッターは本質的に「同質性」のあるものだったのだ。

その同質性を阻害するのがリプライ機能であり、だからこれはツイッターにある本質とは無関係の実装ということになる。大抵の問題はリプライにおける論争(とも言えないタダの口喧嘩)に発展することだ。もちろん、ツイートが炎上することはあるが、それは世界共通の問題で、ツイッター独自の機能というよりは、単に失言というにすぎず、よりアーキテクチャから発生するツイッター上のSNS疲れはやはり「変なリプライ」から発生している。

 

我々がツイッターに求める機能とはなんだろう。

クリエイターなら、クリエイターの日常ツイートがファンなら嬉しい。

文化人なら、社会批判や有用な情報(発表された社会統計とか)が参考になる。

純粋な商売上のツイートもある。

ユーチューバーならほとんどが動画のUP告知かイベント告知・打ち上げなどだろう。(タレントは大体同じか)

 

我々が賢い使い方をするようになれば、テクノロジーはよりよく駆動し始める。

ツイッターを上手く使えてない人が多いから、喧嘩や炎上が起こるのではないか。

つまり、なんか言いたいことがあればツイッターではなく、別の媒体に書き、それをツイッターでシェアするとかの方が賢いのだろう。

ツイッターでは、より自分のファンに知ってもらうという機能が親和的なのだ。