インターネットで考える

哲学・文学・アニメ・ゲームetc...

続・人手不足とは何か

「人口が減ってる、だから人手不足だ」

WHY?

 

<90万人の人口の地域>と、<100万人の人口の地域>があるとする。

それぞれの地域は仕事が順調に回っている。

仮に、100万人の人口の地域が、90万人になったとする。すると、人手不足が発生するだろうか?

上の人手不足論者によれば、当然人手不足は発生しなければならない。

そうであるなら、

<人手が不足していない90万人の地域>と、<人手が不足する90万人の地域>が存在することになる。不合理。故に仮定が間違っている。

 

そもそも、人口が減ったならば、需要も(供給も)減少するので人手が不足するわけがない。人口が1万人だろうが、1000万人だろうが、地域経済の需要と供給の割合は同じである(当たり前すぎてアホくさいが)。

具体例をあげれば

4人で100人の客の相手をするハンバーガーショップがあったとする。人口の合計は104人だ。供給と需要の比率は1:25。

人口が半減したとする。52人。

すると今度は2人で50人の客の相手をすることになる。このことで「人手不足」が生まれたか? 供給と需要の比率は同じく1:25。何も人手不足は生まれていない。